×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人ニキビの原因 対策 化粧品のご紹介

大人ニキビの原因・対策・化粧品。大人ニキビの原因は様々。でもニキビ対策や治療の選択は慎重に。大人ニキビの原因・対策・化粧品情報。ネット上のニキビ治療・対策情報も。



治りにくいと言われる大人ニキビ、10代のニキビとどう違う?


同じニキビでも、思春期の頃にできるニキビの原因は、成長ホルモンの影響によって過剰に皮脂が分泌して、それが毛穴などに詰まったりアクネ菌が繁殖したりして起こるものがほとんどで、ニキビケアの対策方法も洗顔などに気をつけていればある程度緩和・予防しやすいものでした。でも、大人ニキビの原因はストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、アルコールの摂取、喫煙、オフィス等での乾燥、長時間にわたるメイクの負担やその汚れ・・などなど実にさまざま。これらがいくつも絡み合って肌のターンオーバー〜生まれ変わるリズムを阻害し、結果的に厚くなった角質層が毛穴を塞いで大人ニキビの原因となってしまいます。思春期のニキビはおでこや頬にできましたが、大人ニキビは口の周りやアゴ、こめかみ辺りを中心にフェイスラインに沿ってでき、他に背中など体の皮脂腺の多い部分にも発生します。大人ニキビのケアは思春期の時のような皮脂対策だけでは難しいので、生活習慣や環境を見直し、できれば体質改善をして根本的に治すことを考えた方がいいですね。



関連情報>> 話題の大人ニキビ

大人ニキビ 口コミ





大人ニキビ 口コミの他の商品をみる

大人ニキビ 対策





大人ニキビ 対策の他の商品をみる

大人ニキビ 化粧品





大人ニキビ 化粧品の他の商品をみる

大人ニキビ 薬





大人ニキビ 薬の他の商品をみる

大人ニキビ 治療薬





大人ニキビ 治療薬の他の商品をみる

大人ニキビに悩む方のための『メイクの注意点やポイント』は?


大人ニキビの方はホントはファンデーションは使わない方がいいのですが、そうもいきませんよね。仕事や買い物・雑用など外出しない日は殆ど無いですし、人前に出る時、ニキビがあれば普段より尚さら「メイクでどうにかしたい」と思うのが女心というものですもんね。そこでまず、ニキビ対応の化粧品や塗り薬を使い、ファンデーションが直接ニキビに触れるのを防ぐようにしましょう。汚れや雑菌からガードしてくれるクリームなどを塗り、その上に専用のコンシーラーなどでニキビを目立たなくして、あとは皮脂吸着効果の高いパウダリーファンデーションを薄目に(但し炎症を起こして熱を帯びている部分は避けて)ファンデーションは全体に控え目にし、目や唇のポイントメイクを効果的にするといいですね。また、伸びの良いリキッドファンデーションは、伸びが良い反面、油分が多く毛穴を塞ぎやすい面があり、時間と共に皮脂と混ざって酸化しやすいので使わない方が良いでしょう。そして外から帰ったら、できるだけ早くお化粧を落とすことを心がけてくださいね。



関連情報>>ニキビ 対応


大人ニキビ専用化粧品にできること・できないこと


ニキビができたからニキビ用の化粧品を使う・市販の薬を使う・・ごく当たり前のように思えますし、最初は誰でもそうするのですが、それで「ニキビが治った」という話は残念ながらあまり聞きません。
確かに最近はさまざまな大人ニキビ専用スキンケア化粧品があり、優れたものもあるのですが、化粧品とはそもそも「治す」ものではありませんし、化粧品はニキビの薬ではないので、逆に化粧品で「治って」はいけないのです。こうしたニキビ専用化粧品の役割は、毛穴が詰まるのを防いだり、皮脂分泌を抑えたりすることで、ニキビを悪化させないようにケアすること。ですから初期の頃にうまく使えばニキビを悪化させることなく、結果的に肌が元に戻っていくこともありますが、これは自分の治癒力が導いたこと。例え『薬用』『医薬部外品』と明記してあっても、化粧品ができるのはあくまで手助けにすぎないということを分かってくださいね。ですからこうした化粧品を使っても大人ニキビが改善しない場合は、別の化粧品をいくつも試すより、やはりニキビ治療のために皮膚科に行くべき。特に炎症の激しいニキビは細菌が原因のことが多く化粧品ではどうにもなりませんので、早めに治療を。



関連情報>>ニキビ スキンケア


気になる商品情報を検索


spacer.gif

Copyright(C)2012 大人ニキビの原因 対策 化粧品のご紹介 All Rights Reserved.